FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

B1ちゃんねる

♪トットロ~トット~ロ~SAY!ヲレモー!(≧Д≦)ノ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

なんじゃこりゃ!ももクロ今度のアルバムは・・・ 





ヘルレイザー!!www





いやいやいや意味わからん!

なぜ?ピンヘッド???

そのうちわかるのか?

いやわからんだろうな・・


で、このピンヘッドと「世界観」という言葉を読んでふと思いついたものが。


ジョルジョ・デ・キリコ



絵をやってる人なら誰でも知ってるかと思うが、

シュルレアリスムの先駆者として有名なイタリアの画家。

子供のころ親に連れて行かれ「デ・キリコ展」に行ったのだが、このなんとも説明のしがたい奇妙な世界観に子供ながらに深く衝撃を受けた。





デ・キリコはこういった自分の作風を「形而上絵画」と呼んだが、これは簡単に言うと、目の前の対象物そのものの認識ではなく、その対象物の内なる世界(=インナースペース)や内側に潜む真実やストーリーなどを表した絵という事らしい。

・・といってもよくわからんよね?

うん。私にもよくわかりません。

ただ「5TH DIMENSION(5次元)」というタイトルとデ・キリコの幾何学的な世界観はちょっと共通してるなぁとちょっと思っただけさwww



まぁ実際のところ、奇をてらっただけじゃないのならどんな意図があるのか?


気にはなりますが、



なんにしても、




なんか好きくない



スポンサーサイト

Category: ももクロ

tb 0 : cm 4   

コメント

No title

さて、ツアーも終わった事ですし、私が思った事をば。

今回のアルバムって、私はコンセプトアルバムだと思っています。

何のコンセプトかというと、「kwkmさんは『息の長いアイドルを目指す』って言ってるけど、歳を重ねたももクロはどうなっちゃうんだろ?」っていうモノノフが漠然と思う疑問に対してです。

その回答がこのアルバムであり、今回のツアーだったんじゃないか、と。

ズバリ、あーりんが大好きな“あゆスタイル”。これです。

今の規模で試す事が出来るのは今だけなんです。

おかげで初日参戦モノノフはポカーン状態だったようですがwww

modena #2Z72xvkQ | URL | 2013/04/01 02:13 [edit]

No title

スタダのアイドルで「息の長い・・」と言われてもピンと来ませんね。

とりあえず目標である紅白も出れたし、国民的アイドルにもなれた。金稼げるからといって無理矢理引き伸ばすんじゃなくてこの絶頂状態でスパッと解散とかしたらカッコいいなと思います。それでこそももクロだ、と。

でもまー、Chanも地上波で(やっと)始まるようだし、大人たちはまだまだももクロで稼ぎたいでしょうねw

管理人 #E0YXkfUA | URL | 2013/04/02 03:07 [edit]

5TH DIMENSIONについて

アルバムのプロヂューサーやら作詞作曲編曲やらの・・・言ってしまえば仕掛けている側の思惑やら狙いというものがあって、アイドルというものは大概がその狙い・思惑をどれほどみたせるかってのがそのパフォーマンスの大半だといえる。まあいっちゃなんだが期待されたものをどれだけこなすか・・・それがアイドルのお仕事です。
ところがゴクたまに、期待以上ににといかまったく予想外な分部分でだれも思いつかない部分ですごいパフォーマンスをやってしまう人がいる。ピンクレディの2作目までとか
松田聖子の初期とか・・。
ももくろもこんなにライブパフォーマンスの高さを要求されてなかったと思う。まあ、しおりんの身体能力とれにの忍耐と人の良さに負うところも大きいかったのだが、各人の高い技量が相乗効果・・足し算ではなく掛け算・・になったことが大きいと思う。
で、今回のアルバムだが、ずいぶん背伸びしていると思うが、もしこれがもっとこじんまりとした成功をねらったものならももくろもそれにあわせたパフォーマンスしか出来ないんじゃ内科ということだと思う。前回のはちょっとハメをはずしたから予想外のパフォーマンスを発揮できたんで、今回みんなが予想できるような過去の延長上のシナリオではももくろを狭いオリにいれるようなもんではないか・・。
ももくろは当初女優か歌手の育成道場のつもりだったと思う。エビ中みたいな・・。
あーりん、ももかの加入が転機だったのか、しおりんの身体能力がせおうさせたのかは分からんが、よく、れなちゃんががんばれたと思う。だから、『息の長いアイドルを目指す』という話になってくる。従来型のアイドルをこの事務所は評価していない、アイドルの常識を超えたあたらしい超アイドルでないと意味がないと考えているのではないか・。
今回のアルバムは、超アイドル育成ギブスですよ。このアルバムの思惑をももくろがどうやって乗り越えて、自分たち自身も気づいていない思惑を超えて新たな何かを偶然に革新的に作り出していくかが狙いだとおもいますよ。ビートルスがリバプールのただのアイドルからあんなカリスマになったのか・・・本人たちもあんなことになるなんておもってもいなかったんだから、同じことがももくろに起こればよい。

じぇいきゅう #m6KSSbP. | URL | 2013/06/13 19:28 [edit]

No title

長文でのコメありがとうございます。
今のももクロの誕生はほぼ偶然によるものというのは同意見です。そして規格外の超アイドルを作ろうとしてるというのもZ以降顕著になってますからよくわかります。
実際、今回以降どう化けるかわかりませんが、ももクロというのは基本的にkwkm氏の思惑を具現化させたものなので結局のところ、kwkm氏がどっちに向かってるかはしばらく様子見しないとなんともいえないのも今までと同じ。
が、そこにももクロちゃんたち「個」の意識が相変わらず介入する余地が無いというのはそろそろ改善されてしかるべきだと思うんです。
なぜなら超パフォーマンスが魅力的なのはkwkmの魅力ではなく、その魅力の原点はやはりももクロちゃんの個々の魅力であるから。

管理人 #DTbJUqv. | URL | 2013/06/18 12:25 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://b1ch.blog.fc2.com/tb.php/387-a169e1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。