FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

B1ちゃんねる

♪トットロ~トット~ロ~SAY!ヲレモー!(≧Д≦)ノ

 

【no3b】7thシングル「唇 触れず・・・」最強すぎwww 




先週のBINGO!でPVが流れたので、ご存知の方も多いと思いますが、

no3bの7thシングル「唇 触れず・・・」が昨日リリースされました!


やっぱ書いたよ、こいつ。って思った方。ナイス読みですwww


という事は、はい、この曲、前作の「Answer」に勝るとも劣らない、

超クールなロックナンバーなんですねー。ギター小僧垂涎モノ。

今日、帰ってきてから、ずっと、久しぶりにギターコピーなんぞしちゃってました。(なんかつべ見たら、すでに超上手い人の動画がうpされてて参考になりました^^)


***


いきなり曲のかっちょよさに耳を奪われてしまいますが、

実はこの曲の注目どころは、もう一つあります。

それは歌詞。

彼女にめちゃ惚れてしまってる主人公、でも実は彼女は友達の彼女。

「あれ?なんか・・」って思った人。

そう、あの神曲「Only today」とそっくりなシチュなんですね。

元カノ設定ではないですが、あえていうなら大人版Only todayといったトコですか。

近くにいるのにキスすらできない禁断の片思いのもどかしさ、切なさを3人は見事に歌い上げてくれてます。


指さえ触れず・・・

抱き合えるなら

僕は 僕は 僕は 僕は 僕は

罪を被る


PVは、ももクロちゃんの「キミセカ」のような感じでデカダンな雰囲気が、すごい曲に合ってて(好きな人には)たまんないです。←てAD堀くんみたいなコメになっちゃった

僕的には「にゃんにゃん」ではない小嶋さんの色々な表情を特にじっくり見てもらいたいです。


やっぱ市場が活性化してくると良品が増えます。この後もどんな曲に出会えるかwktkです。


●no3b「唇 触れず・・・」(PV)










A

B

C



P.S.


それにしても、小嶋さんどんだけ仕事してんだ?

ちゃんと休みとってんのかな?また激ヤセは勘弁してよ。見ててつらいから。

スポンサーサイト



Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【マジすか学園2】#11 「ヤンキーソウル」(ネタバレ注意)~カップヌードル 




「来いよ、前田」

いやぁここまで長かった。つか長すぎな気もしますが、まぁ、結局こうなるのが、一番自然なんですかねぇ?


さてさて、今回のタイトル「ヤンキーソウル」。

OP曲タイトル。で、次が「青春と気づかないまま」ED曲タイトル。即席杉ワロタ

まーそれはともかく、今作のキーワードにもかかわらず、登場人物の中で唯一、「ヤンキーソウル」を見せてない人。


み~んなの目線を・・・


いただきまゆゆ!

こあくまゆゆ


はい。ということで、今回はネズミが主人公です。

まぁ今回こそは、ガチの改心と見ていいでしょう(笑

結局ネズミが目指してたテッペンってのは、誰にも干渉されない場所だったって事だったのかな?でも、センターのおかげで闇から開放された今、これからはきっとセンターと2人で本当の「2人のテッペン」を目指すんだろうな。(3年が卒業したら自動的にテッペンじゃん、とかツッコミは無しで)


てかここに来て、来週ネズちゃん、また裏切ったり・しないよね?ね?(笑


***


今度は戦争だ!

次回はいよいよ最終話。


普通にマジ×ヤバで終わりそうだけど。40分いや30分、ずっとバトっておしまい?次回予告もそういうシーンしかないし、どー考えても、マジヤバでしょ。いやいやいや、シャレにもならんて。

ただこれ、続きはDVDで!・・ってのはさすがに無いだろうけど、続きは劇場で!ってのはマジありそうで恐い。次で全て納得いくような結末になるとは思えないし。大体、食い足りなくないすか?

いや、続くのはかまわないってか、どっちかてーと「いいよ、全然いいよ」って感じですが、どうせやるなら、TVでやって。正式に「3」で。お願いします。


***


●今回のストーリー

「最後に片付けてくる。だからもう少しだけ―――マジ女を守ってくれ」

前田はラッパ部室を出ると、ある決意をもってヤバ女へ向かった。その後ろ姿を遠巻きに眺めながら、警察に通報の電話を入れるネズミ。

一方、ヤバ女では、果たし状のビデオを作成していた。

「矢場久根はマジ女に対し、宣戦布告する」

実録・シブヤ

ついに腹をくくったシブヤ。いよいよマジ女とヤバ女の決戦が近づく。

そして、その話はステ高・仲俣に耳にも届いていた。「マジ女はどこにも援軍頼んでないようです」―――「それがマジ女の、安っぽい美学だ」
「後は、前田次第だ」―――「前田は来ませんよ」と話に割って入るネズミ。前田が連続暴行事件の犯人である事、センターは駒でしかない事を仲俣に話す。
そんなネズミを見て、仲俣は尋ねた。「お前が信じてるモン、何だ?」表情を強張らせるネズミ。

なかまったー

「何も・・・ダチだとか仲間だとか友情だとか・・今時くさいっすよねぇ」

「孤独だな」

「ゴッコが嫌いなんすよ・・偽善的なあいつら見てると、反吐が出そうになるっす」

さらに「そんな事より、いいアイデアあるんすよ」とネズミは話を進めようとするが、仲俣に拒否されてしまう。「ネズミに用はねぇんだよ!」
「あらあら、ネズミさんは仲間はずれですか」とおどけるネズミ。「仲間なんかじゃねーよ、てめーは」仲俣は吐き捨てた。「そりゃそうっすよね」とネズミはその場を去ろうとする。
「なぁネズミ。お前、自分の手のひらの中に全てがあるって思ってんだろ?」振り返るネズミ。「残念」と笑う仲俣。「あんたの偏差値じゃ・・ここまで、す」と睨みながら毒づき、ネズミはゆっくり階段を降りていく。ネズミの孤独な足音が階段を響かす。

面白くないネズ

ネズミを思い、心を痛めるセンター。そして、マジ女に戻る道すがら、センターの言葉を思い出すネズミ―――「マブダチなんだ、こいつは、私の。これから何度、裏切られそうになってもな」
マジ女に戻り、体育館のステージの階段に座り、一人考え込むネズミ。その前にセンターが現れる。「どうだ?一人で見るここからの景色は?」「いいもんだ。あっちの景色を見ようが、こっちの景色を見ようが、私の自由だ」と答えるネズミ。
ネズミはセンターの歩み寄ろうとする姿勢をとことん拒否する。そして、ダチという言葉は重いと去ろうとするネズミ。「ダチだよな?私達」とセンターが思わずネズミの腕を掴む。「ネズミ・・聞かせてくれ」
「うるせぇ!」衝動的にネズミはセンターを殴った。倒れるセンター。

ぶ飛ばされるセンター

「ダチ、ダチ、うるせんだよっ!そんなにダチが欲しかったら、他当たれ!」立ち上がるセンターを再び殴るネズミ。

ダチダチダチダチゾンビ化センター

「何度裏切ってもわからねぇ奴だな!そういうキレイ事は胸くそ悪くなるんだよ!」さらにセンターを殴る。

何度裏切ってもわからねぇ奴だなっ!胸くそ悪くなるんだよ!

「どうだ?マブダチに殴られる気分は?マブダチに裏切られる気分に似てるだろ!?」

ネズネズミ・・・マブダチに裏切られる気分に似てるだろ!?

「何故、私に失望しない?」「何故、私を憎まない?」「何故、私から離れない?」

「お前が好きだからだよ」息を切らせながらセンターは答える。

「私は・・お前が嫌いだ。大っ嫌いだ!」「裏切ってやる。また裏切ってやる」「マブダチなんかじゃねぇって事をわからせてやる!」ネズミは涙を浮かべ、口元を歪ませながらセンターを殴りつづけた。

大っ嫌いだ!セン

懇願するような目でネズミを見つめるセンター。それを振り払うようにネズミが拳を打ち下ろした瞬間、センターはそれをかわし、逆にネズミを殴る。笑いながらネズミは「そうだ。その調子だ!もっと私を嫌いになれ!」殴りかかるネズミ。

涙目センターもっと私を嫌いになれ!

だが、センターはネズミを抱きとめた。驚愕するネズミ。

ビックリまゆゆ

「離せ」―――「嫌だ。離さない」センターはさらに強く抱きしめる。「ネズミ・・私を一人にしないでくれ」涙を流すセンター。「私にはお前が必要なんだよ」

嫌だ。離さない

「センター」

「そばにいてくれ。嫌いだなんていわないでくれ・・」

嫌いだなんていわないでくれ・・

「ネズミ、お前が必要なんだ・・」センターはネズミのパーカーのフードをそっと脱がした。ネズミを閉鎖的な世界から開け放すように。
「何があっても・・私は・・」涙で声をつまらせるセンター。

ネズ+センネズ+センフードを外すセンターネズ+セン爆発寸前

ネズミは泣いた。まるで子供のように。泣き続けた。センターの腕の中で。欠けていた何かを取り戻した。

泣くネズ泣くセンネズ+セン大号泣

一方、ヤバ女にやって来た前田は、ついに、シブヤと対面する。

「戦争はやめろ」―――「お前は平和の使者か」―――「それが私の答えだ」

「うらやましいよ。人を傷つけてでも、幸せを手にしようとするお前が」

「それを本能っていうんだ」拳を握り、挑発するシブヤ。「来いよ、前田」

来いよ、前田あつシブ

その声を合図に前田も構える。対峙する二人。

しかし、それは、警察が前田を探しに来た事を告げにきたダンスによって、中断される。

「街のチンピラやヤクザを片っ端からボコった女子高生・・って」―――「人違いだ・・さ、始めようか」「来いよ、シブヤ」

だが、シブヤは上げた手を下ろし、「そういう所が嫌いなんだよ。自分ばっかかっこつけやがって」

シブヤはそういうとダンスに制服を脱ぎ、前田に着せるよう命じる。

「貸しを作ったわけじゃねぇ。お前とのタイマンは誰にも邪魔はさせねぇ」

シブヤの「マジ」を感じとった前田は、素直にそれを受けた。

あつ姐

ラッパ部室では学ラン、歌舞伎、尺、おたべが、矢場久根から届けられたビデオを観ていた。

ビデオ鑑賞会

「向こうは300以上の兵隊集めてるって噂ですよ・・」と小歌舞伎

「ウチらが一人60人ずつ倒せばいいって事だろ?」大歌舞伎がそう言うと同時に、

「一人50人ずつだろ?」とセンターが入ってきた。

おたべちゃん泣き終わったセンターさん

「一人43人だ」チームホルモンが続けて入ってくる。「俺たち5人で一人換算だ」

きたりえと森の仲間達

「一人38人にしてもらおうか」チームアンダーも続く。「ウチも4人で一人換算だ」

チームアンダーヘア

続いてチームフォンデュ、そして、起こる「マジ女コール」。つの字を筆頭にマジ女ヤンキーたちも立ち上がった。

チーム4ンデュつの字と森の仲間達


校旗の前で一人、座するネズミも―――



そして、マジ女は、MJの校章のもと、ついに一つになった。


泣き終わったネズさん


***


●今回のキーワード

・あらあら、ネズミさんは仲間はずれですか?(ネズミ)

 *人も自分も嫌い、親を憎み、世をすね、氷の壁の中で閉鎖的に生きてきたネズミ。センターに嫉妬しちゃったり、仲俣さんに「仲間はずれ」にされてムッとしたり、でも、やっぱりネズミは無意識下では「あったかさ」を求めてたんだと思います。下らないと切り捨ててたダチとかマジとか友情、実は一番、求めてたのはネズミだったんじゃないかな?ただそれに気づいてなかったのが、言ってみればネズミの不幸?と。
実際、(本物の)ネズミも冬の寒い時期には、暖かい所を探して仲間達と寄り添って過ごしますからね。

・ネズミ、お前が必要なんだ・・・何があっても・・・私は・・(センター)

 *父親のDVと母親に捨てられた過去を持ち、ネズミとはまた違う理由で心を閉ざしていたセンター。誰にも頼れず、弱さを隠して、一人で生きてきたセンターは、同じく、人の愛を知らずに育ち、閉鎖的になったネズミだけが、自分の苦しみ、つらさをわかってもらえる、たった一つの希望だったのかもしれません。最後の救いに必死にしがみつこうとするセンターの姿、いままで張り詰めていた虚勢が一気にはじけて、初めて見せた純粋な弱さこそが、ネズミの心を開いたカギだった。つまり、マジすか的にいえば、凍りついたネズミの心を溶かしたのは、センターの、自分の虚勢すら溶かしてしまうほど「熱い」ヤンキーソウル(たった一人のマブダチ参照)だったんですね。

今回のマジすか2は、みなさんもご存知の通り、リアルにAKBとリンクしている部分が非常に多い。でも、他はなんとなくわかるけど、なぜこの二人がカップル?て疑問を持ってる人も多いと思います。が、・・ってこれ以上は長くなっちゃうので、今回はここまでにしときます。最終回が終わったら、改めて「マジすか2総括」を書きますので、その際に。

・呼んでくれれば、いつでも来たさ。なにもマジ女を裏切って、矢場久根に来る事はねぇだろ(前田)

 *あちゃちゃちゃ。姐さんズッコケwwそうだよねぇ。メルアドとか電話番号知らなくても、おたべに連絡とって、タイマン張るくらいは出来るよね?ケンカしたいだけなら、別に卒業してからだっていくらでもできるし。シブヤ的にはJKのうちにって事なのかなぁ?この後に及んで、まだ姐さんがあっちゃんを目の仇してる理由がわからんwww最後には明かされんのかな?


●今回の笑かしワード

・いいよ、全然いいよ(S・S・F・H・Sの外人さん)・・・軽っ!www

さすがメリケン

・謙遜じゃねぇよ(おしゃべり)・・・思えば、こもりんのドヤ顔はマジ2のスパイスでしたw

・いつまでもお前らのアンダーじゃ、やってらんねぇからな!(はーちゃん)・・・はい、恒例のノーコメで。

あのぅ・・

あのぅ・・私の制服、どうなるんですかね?(ダンス)

ちらりダンス

BINGO!なら「あん(はあと)」ってピンク色のSEが入るトコですね(笑



P.S.


だるまサンタ、キターーーーーーーーーーーー!

だるまサンタ

ぶっちゃけ、次回はこのシーン↓だけでも見る価値アリ!

ゲキカラさんだーーー!

四天王もいるよん

にゃんにゃんブラックさん御大

Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

「ドリーム・オン・アイス」の新・庄司理紗ちゃん 




いよいよ2011シーズンのスタート。

つか、超久しぶりのりさりさちゃん。

新しいプログラムのお披露目との事でかなりwktkでしたが、さすが理紗ちゃんバッチリ期待に答えてくれました!

曲は「塔の上のラプンツェル」

お姫様をイメージして作られたというピンクの衣装をまとっての登場。これがまた、よく似合ってて、等身大の今の理紗ちゃんにイメージぴったり。
選曲にしても、衣装にしても、すごく理紗ちゃんのために考えられて、選ばれてるんだなぁとつくづく思いました。

演技は、といえば、まぁ相変わらず、技術的な事はわかりませんがwww、なんか今までより、もっとしなやかさっていうか軽さとかリズムに磨きがかかった、ていうのかな?あのトンって、氷を蹴るステップも健在だし、流れが一つの作品としてすごくまとまってる。
なんか、妖精っていうよりは、ピンクの蝶が、氷の上をひらひら舞っている感じ。

僕は↓の演技の時の顔がすごい気に入りました。

ラプンツェルな庄司理紗ちゃん


で、最後はビールマン・スピンでフィニッシュ。

相変わらず、釘付けになってしまった3分間。さらに惚れ直しました。


今シーズンも大活躍してくれそうな予感。


がんばれ、りさりさ。行け行け、りさりさ。


P.S.

プリンスアイスワールド行きたかったなぁ。いやマジで行きたかった。。。


P.S.2

歯の矯正終わったんだね。ますます美人さんになった*^^*


Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 2   

AKB48推し面メーカー 




ヤバイ。楽しすぎるw

愛実ちゃん騒動以来、めちゃハマってます。

これがまた意外に難しくて、江口愛実ちゃんを超えるような可愛い子がなかなかできません。

なんか可愛く可愛くと思って作ってたら、子供っぽくなっちゃった。

↓画像クリックで公式サイトに飛ぶので、よかったら推してあげて下さいね。(3つ同じの作って、ちょっとずつ変えてみたんだけど、一番バランスがよかった「増山美友ちゃん」でお願いします)

●増山美友ちゃん



P.S.

公式サイトはBGMが流れるので音量注意!

Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

ももクロZちゃん「Z伝説~終わりなき革命~」「D'の純情」PVフルバージョン公開! 




ってみんなもう見てますよね?

でもあえていっちゃいま


●「Z伝説~終わりなき革命~」






●「D'の純情」




「D'の純情」は自分的には、ちょっと難しすぎるwwので、まだなんともいえませんが、(でも、ももクロくのいちは必見。小芝居笑えます)


やっぱ「Z伝説~終わりなき革命~」はイイ!

可愛いのは当たり前。それはあえて触れません。なにがいいって・・・・・

謎のパンダメカ

なぜかパンダメカにトランスフォームするかなこぉ↑↑

超遅いダッシュ

超遅いダッシュ

土俵入り

土俵入り(雲竜型)


と、ツッコミどこ満載。

なんですが、やっぱ最高なのは・・・




メットでかすぎ




メットでかすぎwww

Category: ももクロ

tb 0 : cm 0   

【マジすか学園2】#10 「桜の花びらを数えたことがあるか?」(ネタバレ注意) 




多数あるマジすか関連ブログ。

でもなぜか、各回のサブタイトルに関して触れられているトコロってあまり見ない。

結構、内容と対比させると面白いんだけどな。

てか、特に今回は超難解なタイトルだったので、皆さんの意見を参考にしたかったんですが。


というわけで、ついにマジ2も第10話。

次回予告の感じからすると、どうやらラストはvs矢場久根でFAっぽいですね。

前田×シブヤ

このシーンが、前半にくるのか、後半にくるのか、で変わってくるとは思いますが、あっちゃんも戻ってきた事だし、もうそろそろ始めましょうよ、戦争。


ところで、江口っちゃんの出番は、無し?www


***


●今回のストーリー

学ランさん歌舞伎

ゲキカラを欠くものの、学ラン、歌舞伎シスターズが復帰し、ヤバ女から受けた「傷」も徐々に癒えつつあるマジ女。前田に対して熱くなり過ぎたために、ハブら手下に去られ、孤立するシブヤと独自に動き出すヤバ女軍。
そして静かに闇の中で牙を研ぐ第三勢力のステ高。それぞれのベクトルが入り乱れる街にただ一人、違うベクトルを持つ者―――前田。
優子から受け取った「桜の花びらたち」と「その桜の花びらたちが咲いた意味」の答えが出せず、前田は苦悩していた。今までの事を思い出しながら、桜の花びらの最後の一片を噛み締める前田。「答えは・・まだ見つからない」そんな前田の前に優香と優希が現れる。
「優子さん・・・」呆然とする前田。

びっくり前田さん

優子と瓜二つな優香と優希。あまりにも衝撃的すぎる現実。その刹那、前田は優子と以前に交わした会話を思い出していた。

「この花びらたちが咲いた意味を考えてくれないか?」

「咲いた意味・・」

「ずっと考えてんだけどさ、わからねぇんだ・・あたしはなんで生まれてきたんだろうって」―――「お前には時間がある・・・強くなれ。お前のマジを無駄にするな。その力にはきっと意味があるんだ」

前田は俯きながら、つぶやくように「強くなれ」「マジを無駄にするな」と反復し、まだ、桜の花が咲いた意味がわからないと優香に打ち明けた。そんな前田をじっと見据え、優香は優子からの伝言を伝える。「あたしは幸せだ。って」
「幸せ?」―――「きっと優子は優子の答えを見つけたって事じゃねぇか?」優香は続ける。「だから前田は前田の答えを見つけろって事だろ」

これいつ?ゆこさん前田優香さんお~ねがいギュッギュッギュッ♪

一方、センターを裏切ったことがマジ女中に知れ渡ったネズミもまた、孤立していた。もはや形骸化したつの字を召集するも罵られ、根城にしていた部屋を占拠したチームアンダーにも嘲笑される。だが、ネズミの後ろには常にセンターがいた。「ネズミは私のマブダチだ!」ネズミに敵対心を持つ者を次々殴り倒し、ネズミをかばうセンター。そんなセンターのひた向きな友情に耐え切れず、逃げ出そうとするネズミ。
だが、ネズミは偶然置いてあった鏡で自分の顔を見、以前の狡猾さが消えている事に驚き、たまらずその場から離れようとする。センターは抵抗するネズミの腕を掴み、凝視しながら「裏切ったのは事実だ。謗りを受ける事ぐらい我慢しろ!」と説く。ネズミは「上から目線はやめろ!」とさらにセンターに反発する。「お前と私はいつだって対等だ」そんなセンターの言葉も「私に期待するな!」と振り切り、ネズミは部屋を出て行く。

目が恐いセンターおこちゃまネズさん

ふてくされながら下校するネズミ。一人の人物とすれ違い、ゆっくりと振り返った。

前田がマジ女に戻ってきた―――色めき立つマジ女校内。前田はラッパ部室に帰ると、おたべにまだ答えが見つからない事を打ち明ける。ひとしきり話した後、おたべは前田が今まで外していた優子のスカーフを渡した。「これはあんたしか似合わへんわ」じっとスカーフを見つめる前田。「マジ女、ええ高校やな」おたべが微笑みながら言う。前田は返すように微笑むと、マジ女の旗に向い、スカーフを締めた。

前田おたべはん真っ赤なスカーフ

そのころ、シブヤがゲキカラを見舞いに病院にやって来ていた。ゲキカラの病室をノックする――「はい」中からゲキカラの声。ドアを開けるシブヤ。「入っていいか?」二人の間に緊張が走る。だがゲキカラはにっこり笑いながら、「もちろん」と答えた。「戦争中だぞ」というシブヤに、パジャマの襟を見せ、これには校章はついてないとゲキカラ。フッと笑い、シブヤも校章を外した。
「でも、制服に着替えたら・・お前ら潰すよ」と笑うゲキカラ。首を振り「潰されんのはマジ女だ」とシブヤも笑いながら返す。

シブヤキッとするゲキカラさんフニャとアマクチさんに釣られて笑うシブヤさん潰すよww潰されんのはマジ女だ

そしてアジトに戻ってきたシブヤの前に現れるハブらヤバ女軍。援軍の連判書を掲げ、口々にシブヤに「もう火は延焼してるんすよ」「うちらのリーダーですよね」「もしかしてヒヨってるんすか?」と詰め寄る。
「てめぇら!誰に口きいてんだよっ!」沈黙を破り、吐き捨てるシブヤ。一息つき、全員を見据えるとゆっくり胸に校章をつけた。それは矢場久根の校章―――「これがあたしのマジだ」―――安堵するハブらヤバ女面々。ヤバ女は再び一つに結集した。

あーみんと森の仲間達シブヤ姐さんのマジヤンキーソウルよりも「ふいに」ヨロシク

同刻、マジ女ラッパ部室。前田とおたべ。

「シブヤがずっとあんたを・・」

「知ってる・・私のせいで、みんなが傷ついた事も」

「前田・・」

「頼みがある」

「最後に片付けてくる。だからもう少しだけ―――マジ女を守ってくれ」

「見損なわんとき」


「頼んだ」

見損なわんとき頼んだ


***


●今回のキーワード

・この花びらたちが咲いた意味を考えてくれないか?(優子)

 *あくまで僕の推論ですが、優子さんは、きっと死の直前になって、初めて気づいたんじゃないでしょうか。自分も桜も「幸せに散るために咲いた」んじゃないかと。
どんな生まれ方、生き方をしようが、生まれてきた者は、いずれ、必ず死ぬ。でも、まだ咲き誇ってる皆に見守られながら散っていける自分は「幸せだ」と思ったんじゃないでしょうか?
つまり、今回のテーマの「桜の花びらの数」とは、自分の最後を見届けてくれる人の数=本当の友、仲間の数という事なんでは?(前回の「たった一人のマブダチ」との対比ですかねぇ?)
優子が前田に言った「強くなれ」っていうのは、力だけではなく、精神に対しての事で、「強くなって、皆を守れ。そしてそれは、結局、皆がお前を守ってくれる事につながるんだ」という優子が最後に辿り着いた境地だったんだと思います。(案外これは秋Pがあっちゃんに伝えたい事だったのかもしれませんね)
優子は、あっちゃんの弱さを知っていましたから、自分がいなくなった後、またあっちゃんが閉鎖的になってしまう事を予測していたんではないでしょうか?
そう考えると、あっちゃんが噛み締めていた(食べてないよ)一枚一枚の桜の花びらの意味は、心の拠りどころである優子を失い、心を閉ざしていたあっちゃんがわからなくて当然だったかもしれません。
「お前は一人じゃない」といった優香の言葉、きっと優香も答えがわかったんでしょうね。

ちょっと無理矢理っぽいですが、全てを結び付けるには、↑しか答えが浮かびませんでした^^;

・上から目線はやめろ!(ネズミ)

 *上から目線は、誰でも嫌なものだと思いますが、特にネズミは金の力で横暴に振舞う父親を思い出して、特にイヤだったんじゃないでしょうか?
でもネズミさん気づいてますか?あなたも実は結構、皆を上から目線で見ている事を。


●今回の笑かしワード

・ワン・トゥ・スリー・すてご~ろ(こまりこ+仲俣)・・・え?すてご~ろ?ステイゴ~ルド?どっち?字幕はすてご~ろ(捨照護路)の方でしたw

にこにこおたべはん感じるんや

考えたらあかん。感じるんや(おたべ)

Don't think! Feeeeel! 名言ですなwしかし、おたべはんが言うと、なんでこんな可愛く聞こえるんだろ?

・略して、アンダーヘア!(チームアンダー)・・・ノーコメでw切なすぎ。頑張れ3期。負けるな3期。

・どこにみんながいる!?(センター)・・・あーすません。これは笑う所じゃないすよね?
でもここまでの一連のセンターの登場の仕方が、なぜかゲームのバイオ3の追跡者(ネメシス)っぽかったんでww

・おとといきやがれ!(昭和?)・・・このザコの代表的な捨て台詞。平成の今、使う奴はいないよね。てか今日きてるんですけど。

・セントストリートファイトハイスコー(まりやぎ)・・・何を教えてんだ?この高校はwwwセントの後って普通名前じゃね?(大笑(てかこの高校の大将は中塚さん(クリス)なんですかね?)

ダンスc

でけでけでけでけ・・・

やっぱり

(シブヤに足を殴られ)これがくーみんクオリティーww



P.S.

マジ女勢ぞろい!

やっぱ勢ぞろいすると壮観です。こちら側にいるのは・・・やっぱりあの人でしょうね?

ただ、あれだけ貢献してきたゲキカラさんがここにいないってのは、切ないです・・

死刑!

「マジ女!」

ゆこさん、めちゃ元気に踊ってます♪

最期にブラックさん。

ゆきりん三位おめ


Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【SUPER☆GiRLS】SUPER☆GiRLSとavex 




つい先日、2ndシングル「MAX!乙女心 / Happy GO Lucky!~ハピ☆ラキでゴー!~」(長っ!)をリリース。

セブンイレブンのCMや「週末にしたい10のこと」レギュラー出演などメディア露出も増えてきて、なにかとTVで見る機会が多くなってきたスパガことSUPER☆GiRLS

SUPER☆GiRLSです♪



***


去年、とりあえず「超絶少女」(1stアルバム)は購入したんですが、(とりあえずの割りに超絶盤ww)

それから、ずっと推すかどうか考えてました。

やはり、どうしても引っかかる事があり、応援するには、一歩、躊躇してたんです。

それは、彼女達が「avex発のアイドル」だったからなんです。

実際見たのは、去年のTIFが初めてでした。(初のお披露目だからあたりまえか)
その前から、avex初のアイドルユニットとかTVで選考からファイナルまでを追った特集が組まれたりとかで、結構、話題になってたので気にはなってましたが、ももクロちゃんやAKBと比べると、ぶっちゃけ僕の中では、まだ、それほど興味を引く対象ではありませんでした。
確かにどの子も可愛いとは思いました。(そりゃ天下のavexのオーディションの12/7000ですからね)ただそれでも、推すほどの何かっていうのは、まだあまり感じられなかったんです。それは、僕がももクロちゃんやAKBなどの、いわゆる地下アイドルに慣れすぎたせいで、「かわいいいだけじゃ ものたんなぃなぃ」に、なってきたからなのかな?とも思いました。地下を知らず、初めから日のあたる場所にポンと置かれたお人形さん、みたいな感じに見えたっていうか。やっぱAKBやももクロちゃんみたいな、「雑草魂」を持ったグループとは違うよなぁ、と。

まぁ単にavex発のアイドルって事で無意識に拒否反応が出たのかもしれません。拝金主義のavexにはうんざりしてましたから。正直、未だに、「ブームに乗っかって、今度はアイドルで金儲けかよ」という思いがあるのは否めません。(SKEまで持っていきやがってww)

そんな華々しくデビューしたにもかかわらず、ファーストコンサート事件。
↓は当時の公式発表です。


コンサート中止のお知らせ

この度、12月23日[木・祝]なんばHatch(大阪)、2011年1月9日[日]日本青年館(東京)にて開催を予定しておりました、「SUPER☆GiRLS ファーストコンサート~超絶少女が止まンないっ!」に関しまして、SUPER☆GiRLSプロジェクトで、当初予定しておりました目標動員人数に達する見込みがないと判断し、誠に勝手ながら公演中止にさせて頂くことになりました。

尚、12月21日[火]SIBUYA-AX(東京)公演に関しましては、予定通り開催致します。


これに関しては、去る6月12日(日) 品川ステラボール で行われた「SUPER☆GiRLS 生誕記念コンサート ~超絶少女が止まンないっ!リバイバル~ iDOL Street祭」1300人満席って事で、とりあえずリベンジ達成できてよかったねって感じなんですが、天下のavexがなにやってんの?まだ知名度もない、8月にお披露目したばかりで、シングル1つ出してないアイドルグループが、(なんばHatchはしらんけど)4ヵ月後に青年館なんて埋まるわけねーじゃん!←ももクロちゃんがどれだけ苦労して辿り着いたと思う?
avexは明らかにファン(ヲタ)を舐めてるとしか思えませんでした。


***


そして↓は、2chからの転載ですが、1stシングル「がんばって青春」の時の騒動です。


ファンを食い物にするといえば、握手券というおまけでファンを釣りCDを大量買いさせるAKB商法が有名だが、それに勝るとも劣らない酷い商法をするアイドルグループが現れた。
そのアイドルグループというのはavexのアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」だ。

「SUPER☆GiRLS」は2010年にavexのオーディションで生まれた12人組のアイドルグループ。
昨年12月にアルバム「超絶少女」をリリースしデビューしたが、2011年3月に待望のファーストシングル「がんばって青春」をリリースする予定だ。

しかし、このファーストシングル発売を記念して行われるキャンペーンがAKB商法と同じくらい酷いのである。

そのキャンペーンというのが「SUPER☆GiRLS超絶応援スタンプラリー」というもの。
内容は、1月29日から3月20日の間に行われるライブ会場で「がんばって 青春」の 「イベント会場・mu-moショップ限定盤」を予約すると、握手券が貰えるというAKBの行っていた握手券商法と同じなのだが、「SUPER☆GiRLS」はここからが凄い。
なんと、その予約をするとスタンプカードが貰え、そこにCDを予約した分だけスタンプを押してもらえるのである。
当然スタンプをためれば特典があり、30個たまると好きなメンバーが自分の私物に直筆サイン、そして、50個たまると好きなメンバーと2ショットチェキを撮らせてもらえるのだという。

言うまでもないが、当然50個ためたところで直筆サインと2ショットチェキの二つはゲット出来ない。
どちらも欲しいのなら80個のスタンプ、そう、 80枚のCDの予約をしなければならないのだ。
さらに、この予約はライブ会場だけでしか出来ない。
ということは、当然ライブにも行かなくてはならないということなのである。

これは酷い。これは言い換えれば3万円でサイン、5万円で2ショットのチェキ撮影を売っていることと同じである。
CDを多くの人に聞いてもらいたいわけではなく、
ただ売り上げが上がればそれでいいという醜いスタンスが透けて見えるようだ。

この酷いキャンペーンにネット上では、「引く」「エゲツナイ」「ひどすぎだろ」「春のパン祭りかよw」「こういうのがそのメーカー全体の信頼を失わせるとなぜ気付かぬのか?」などの批判の声が当然のように上がっている。

果たしてこの非道アイドル界に彗星のように現れた「SUPER☆GiRLS」は世のアイドルファンに支持されるのか。
非道アイドル界の盟主AKBも負けじと新たな酷いキャンペーンを開始するのか。今後に注目したい。


***


今回の2ndシングルでは「多少」抑えられているものの、マイドル!(公式で確認してね)などの方向性次第ではこれからavexの集金が激化するのは、火を見るより明らか。


それでも、やっぱり「スパガ」にはなんら責任は無いんですよねぇ。他のグループ同様、一生懸命頑張ってるのはわかりますし。

ただ考えてみたら、例えavexのグループとはいえ、スパガだけを色眼鏡で見るのは間違ってんのかな?と。(当然、女子流やDLHも同様)
要はこっち側の問題でもあるわけですからね。avexがあくどい金儲けに走り始めても、こっちがそれに引っかからなきゃいいわけで。(つっても、なかなか難しいんだけどねww)
まぁ、金を落とすのは適度に、他のグループ同様応援していこうかと。
もちろん、今の段階で、これからのスパガと今まで積み上げてきたももクロちゃんやAKBを同じ土俵で判断する事は、まだできません。
でも、しばらくは色眼鏡を外して、1つのグループとして、スパガをじっくり見ていきたいと思います。

●1stシングル「がんばって 青春」




*1:07あたりの田中美麗ちゃんのぴょんジャンプが超絶可愛いです


●2ndシングル「MAX!乙女心」





尚、今日のMJにも出演します。要チェック!


P.S.

えーちなみに推しは、まだ決めかねてますが^^;

八坂沙織ちゃん、宮崎理奈ちゃん、田中美麗ちゃん、溝手るかちゃん、稼農楓ちゃんが結構、自分的にはいい感じす←多いなー

Category: SUPER☆GiRLS

tb 0 : cm 0   

あっちゃんソロデビュー曲「Flower」 




BINGO!でもちょっとだけ流れましたが、曲もさることながら、PVが非常に素晴らしいので、ご紹介。

あっちゃんの泣きそうな、てか切ない声はやっぱりこういうバラードが一番しっくりくると思う。

年齢的なものもあるのかもね?「ちぇりちぇりぼい」の頃に出してても、多分、さほど印象には残らなかったかもしれない。

色々経験してきた今のあっちゃんだからこそ、これだけの深みを出せたんじゃないかな。


「私を嫌いでも、AKBを嫌いにならないでください」


本音か言わされたのかはわかりません。

でも、今、あの場で、この言葉を言う事による影響は、あっちゃんもわかっているはず。

それらをひっくるめて、あえて発言したあっちゃんの勇気は、僕はあっちゃんの成長の証だと思います。


あの日の願いは

ゆっくりと

日向の中 咲いた


●前田敦子「Flower」(PV)





P.S.


某所では、きっとBINGO!見て「なんで前田がケーキ持ってくんだよ!」とか言ってんだろうなw

いーじゃんいーじゃん。お祝いお祝い。


Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

江口愛実ちゃんに関しての追記 




あ、すいません。

さっきの記事、訂正します。


CG100% つまりCG確定って事で。


もしやと思って、グリコのHPの社史を見たら、


1922
(大正11年) 大阪三越百貨店でグリコを発売。
この日、2月11日を江崎グリコ創立記念日とする。


っていうのみっけちゃったんでww




ちなみにこの子のプロフィール

所属事務所 AKS
年齢 16歳
ニックネーム あいみ
生年月日 1995年2月11日
出身地 埼玉県
血液型 O型
身長、体重 152cm 44kg[1]
スリーサイズ B82 W55 H81[1]
合格期 12.5期生
所属 チーム研究生
選抜回数 0回


P.S.

これだけ、偶然が重なっちゃったら、ねぇ?

ちなみに

身長、体重、スリーサイズは、優子といっしょ。(大島優子 「PRISM GIRL」 などより)



Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

AKB48 話題の新メンバー江口愛実ちゃん 




ご存知の方も多いでしょうが、今、AKBの新メンバー?として、渦中の人(?)江口愛実ちゃん。


江口愛実ちゃん


はたして実在するのか?

CGなのか?



結果からいうと、僕的には、CG95%、実在5%で、CG説をとります。



第一に、本名と全く違う、完全な芸名で活動しているメンはいない。

渡辺麻友→渡邊麻友、仲川遥香→中川遥香、中田ちさと→中田千智、菊池あやか→菊地彩香

のように漢字を変えているメンはいるが、基本的に読みは、本名と一緒。

第二に、上で出てきた「きくぢ(菊池あやか)のブログから情報流失しちゃた事件」による。

(ガチなら)ホントにこの子はアホというかおっちょこちょいだねww

で、まぁ本当だとしたら、それはそれでアレなんだが、なにせ裏にいるのがドン(秋P)だからね(笑

僕は秋Pがわざと流させたと思ってます。

だって他の子ならともかく、あえて、今までプロフやブログで色々やらかしてきちゃった「きくぢのブログ」ってのがww

ねぇ、あまりに、作為的な匂いがしませんか?

大体、推しメンはすぐに前に出したがる秋Pの事。大型新人だとしても、ここまで隠すのもまた、変。

あとあとの事考えたら、実在云々てのは、今はコメント控えておいた方がいいと思う。

第三が、解析チームのプロフィールについての分析

陸上部に所属: グリコのマークはランナーが走っているマーク。
出身地が埼玉: アイスの実を製造しているのは埼玉にあるグリコの工場。
名前に隠された真実: 名前をローマ字にすると「EGUCHI AIMI」で、名字の偶数部分のGCI、名前の奇数部分のAMを抽出、GCIAMを並べ替えると「I AM CG(私はCG)」になる。

うーんアナグラムまで解析するとはすごい。


あ、で、5%の可能性ですが、これは本当に実在したら、秋Pに土下座、って意味でww



まぁ、話題的には面白いと思いますが。


あとはご自分でご確認下さいまし↓



●AKB大型新メンバー・江口愛実が登場






てゆーか、どー見ても、目は、あっちゃんにしか見えんww


Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

ひめキュン3rdシングル!? 




2ndシングル「恋のプリズン」も、オリコンのインディーズシングル週間で2位を記録。(現在は7位ですが^^;)

そんな中、たたみかけるように3rdシングルの発売がもう決定!?・・・らしいです。

まだ公式HPでも情報ないし、どんな曲なのかわかりませんが、8月リリース予定で、

タイトルは「8分の1のブレス」

カップリングはこんな感じ↓

[Disc 1]
01:8分の1のブレス
02:ひまわり
03:ループ&ループ
04:時、戻れ...

[Disc 2](DVD)
8分の1のブレス (PV)


『ひまわり』!

あーちゃん、まいまい、もえかc3人のユニット曲なんですが、結構好きな曲なので、もし入るなら、ちょっとうれしいですね。

ただ、やはり、はりきり過ぎギターが気になるところですがww

もし再編するのなら、Aメロのバッキング、頼むからディストーションもうちょっと落としてほしい。


でも、ひめキュンの楽曲ってホント、クオリティ高いと思う。


から、「8分の1のブレス」も期待してます。



まゆりーん!あーちゃん!ヽ(´▽`)ノ♪


とりあえずいっておく


P.S.


まゆりんの携帯復活したのかな?

Category: ひめキュンフルーツ缶

tb 0 : cm 0   

少年サンデーももクロスペシャルクーポン 引き換え会場決定!! 




いやーよかった。無い事にされるかと思っちゃったよ!


<<公式HPより>>

「少年サンデー未掲載サイン入り生写真」をライブ会場でGET!!会場決定!!

下記3会場にて、『少年サンデー』21号のももクログラビアの最終ページ右下に付いている
「少年サンデー ももいろクローバー スペシャルクーポン」と
「少年サンデー未掲載サイン入り生写真」の引換をさせて頂きます!!

・写真は全部で5種類(※ランダム配布・選択不可)です
・配布枚数は会場ごとに上限がございます。無くなり次第終了とさせて頂きます
・1回のお並びでの引換は1枚までとさせて頂きます。複数枚引換ご希望のお客様は
改めて列にお並び直し頂くようお願いいたします

6月11日(土)大阪
 会場:阪急西宮ガーデンズ
 時間:12:00~ スカイガーデン・木の葉のステージ、CD予約カウンター横にて配布開始

6月18日(土)福岡
 会場:リバーウォーク北九州
 時間:※時間未定 後日発表いたします

6月25日(土)東京
 会場:東京ジョイポリス
 時間:8:30~ 東京ジョイポリス海側入り口、CD予約カウンター横にて配布開始


でも、枚数どのくらい用意されてるんだろ?GETするまでは、wktkするにはちょっと不安。。。。

Category: ももクロ

tb 0 : cm 0   

【マジすか学園2】#09 「たった一人のマブダチ」(ネタバレ注意) 




「マジすか学園2 ラストスパート 最後までマジだぜSP」基本、ダイジェストでしたが、なかなか聞けない出演者の裏話とかちょいちょいはさまってて、面白かったですねー。僕もなんか復習のつもりで、茶を飲みながらまったり見てました。←縁側じゃないけどね

ですけども、テレ東さん、設定のチェックはしっかりやっといて下さいね。
ナレーションの人、思いっきり、「舞台は一年後」(実際は卒業式後)とか「2年になりラッパッパに入ったチームホルモン」(前作2ーCであっちゃんとクラスメイト)とか言っちゃってましたよ。

(今回は、↑で9話まで出ちゃったので、ちょい早めに投稿します)


***


ついにセンターもボロボロで、カオス真っ盛りのマジ2


う~ん、週刊の麻里子様じゃないけど、秋P、着陸地点見失ってないか?


オチが全く読めない。悪い意味で。


1は読めないながらも、あっちゃん×優子、どうなる?とか、マジ×ヤバ、どうなる?とか、細かい先はわからないながらも、なんとなく目的地はわかってたから、まだ安心して見れてたけど、マジ2の目的地はどこなの?
マジ×ヤバorマジ×ヤバ+ステでケリ?としたら、マジ女戦力不足過ぎだし、マジ+ヤバ×ステ高でケリ?にしてはステ高があまりに即席。後は、あっちゃん×シブヤ・・・う~ん、どうかな?それほど期待するバトルではないかな?姐さん強化されたと思うけど、やっぱ、どー見てもあっちゃんの方が強いでしょ?ヤクザ屋さんとかチンピラ相手に日々バトってんだから。

このままじゃ「学芸会レベル」は「メンの演技」じゃなくて「原作・脚本」の方なんじゃね?って事になる気が・・・


・・・という不安が募りつつも、第9話。


センター、男だねぇ(TT)。。いや、女か。

しかしネズちゃんの乙女心は、嫉妬しちゃうクセに、ダチ要らないとか、複雑だなww


***


やっときました、ハブの「姐さんからの独立」

でも、ヤバ女のトップはジャンケンさんじゃないとな~

だって、うっちーとまりやぎ、すーちゃんは特に仲いいし、あーみんはジャンケン選抜の仲、きくぢは同じKで同い年だし、やっぱ仲いいよね。

そもそも、うっちー、リアル武闘家だしw


結局、単純に、あっちゃん率いるマジ女vs姐さん率いるヤバ女の戦争って事にはならなそう。


***


それにしても、寒ブリちゃんは、何故ここにいるのか?

いや、その前に何故センターは、ネズミが拉致られた場所がわかったんだ?


あ、いわゆる、便宜上ってやつか。


***


●今回のストーリー

走るセンター

ネズミを助けに走るセンター。
だが、そのころ、呼び出したヤバ女側では異変が起きていた。センターを罠にはめる為にハブ率いるヤバ女ヤンキーを利用したネズミだったが、実はネズミは、センターを呼び出すため、逆にヤバ女に利用されていたのだ。
ハブらがネズミに襲いかかる。

ネズc

ヤバ女軍に一斉に攻撃され、傷つき、地に這わされるネズミ。「バカは言われた通りにやってりゃいいんだよ!」と強がるネズミ。
「ちゅーちゅー、ちゅーちゅーうるせぇんだよ!」カムバックがバットを振りかぶったその瞬間、「ネズミ!」センターが飛び込んできた。

センター登場!

ヤバ女たちを睨みつけながら、「私が相手だ」と拳を握るセンター。「こんなクソみてーな奴のために、助けにきたのか?」「めでてー奴だよ」あざ笑うハブのまりやぎとまゆげ。「何人兵隊を集めようがな、ダチに手ー出したら許しちゃおかねぇ!」センターが叫ぶ。驚くネズミ。
「やっちまいな!」カムバックの掛け声で、センター対ヤバ女軍の戦いが始まった。

センターネズセンターセンターネズセンターセンターネズ

腕に覚えがあるセンターだが、武器を持った敵相手に多勢に無勢。やはりネズミ同様に次第に消耗していった。ふらふらになりながらも、必死にネズミのために戦うセンター。その姿を目の当たりにし、心を揺さぶられるネズミ。

ネズセン

隙を見て、ネズミを抱え起こすセンター。背後からハブの3色がバットを打ち下ろす。その時、センターは幼い頃、父親のDVから母親を守るために、同じように背中で父親の酒瓶を受けた事を思い出した。――「一人に・・しないで」センターがつぶやいた。
センターはゆっくり歩き出すと、気力を振り絞り、ヤバ女に突っ込んで行った。動揺し、呆然とするネズミ。最後の力で、再び必死に立ち向かうセンター。だが、ヤバ女の集中砲火の前に疲弊し、ついには囲まれてしまう。雄たけびを上げ、武器を振りかぶるヤバ女軍。キッと身構えるセンター。
絶体絶命――その時、ネズミがヤバ女ヤンキーを蹴り倒し、割り入ってきた。「一人にするかよ」

ネズセンネズセン

お互い背中を合わせ、ヤバ女たちに目を向ける二人。「安っぽい学園ドラマだな!」襲いかかるまりやぎを殴り飛ばすネズミ――「偏差値30は黙ってな!」振り返り、センターは笑いながら言った。「お前がケンカするの初めて見たぜ」「勝てないケンカは初めてだ」とシニカルに答えるネズミ。
結局、この戦いは、陰で覗いていた寒ブリが「マッポだ!マッポが来た!」と機転をきかし、ヤバ女はあわてて退散、幕となった。
それを目で追いながら、「マッポが恐くて、ケンカができるか!」と、らしからぬ声をあげるネズミ。振り返り、微笑みながらネズミに近づき、ネズミの唇の血をハンカチで拭うセンター。「帰ろう・・」

ほえるネズc

ネズミとセンターを痛めつけてやったと、シブヤに報告するカムバック。だがシブヤは勝手に行動を起こしたハブたちが気に入らなかった。そして、ハブたちもまた、それに納得がいかなかった。「アンタはどっちの旗振ってるんすか?」尋ねるカムバックに平手を浴びせるシブヤ。「前田ぁ、前田ぁに付き合わされるこっちの身にもなってくださいよ」とまりやぎ。「リーダーがそんなんじゃ、若いモンに示しがつかないっすよ!」と3色も逆らう。
「シブヤさん、アンタはどっちの校章つけてるんすか?矢場久根すか?マジ女すか?」反発するハブに、キレるシブヤ。ハブを次々殴り倒し「リーダー?引っぱる?んな事知らねぇよ!」と声を荒げる。部屋を出て行くハブとヤバ女面々。

まりやぎc

帰る道中、センターはネズミに「私はおたべたちと一緒に戦う」と宣言する。複雑な表情を見せるネズミ。センターは土手に腰を下ろしながら、話を続ける。「大事なのはヤンキーソウルだ」「熱いな」とせせら笑うネズミに「お前も、さっき熱くなったろ?」とセンター。「信じてたんだ。お前は私を見捨てたりしない事――この世のダチは、お前だけだ」
だが、ネズミは「その資格は無い。お前をヤバ女に売ったんだ」と白状する。「知ってたよ」とセンター。驚き、「じゃあ何故?」と問いかけるネズミ。センターは立ち上がりながら、悠然と答えた。「ダチに呼ばれたら、いくしかねぇだろ」
涙を浮かべ、ネズミは「甘いなセンター、熱いだけじゃ生きていけねぇよ。ダチ?私はお前をダチだと思ってねぇよ」と反発する。センターはネズミの肩を抱き、真っ直ぐネズミの目を見つめ、説く。「こうして二人で歩いてるんだ――ダチだよ。今までもこれからも」
夕陽が沈む空が二人を包んでいた。

ラブシーン

一方、シブヤを見限ったハブの4人は、ある相談のため、ステ高・仲俣と接触していた。

だが、さらにもう一人、仲俣に接触していた人物がいた――

「どうする?ネズミ」

「矢場久根もマジ女も、ぶっ潰す。なんせ、センターは私のマブダチだからねぇ」


黒ネズ


***


●今回のキーワード


・リーダー?引っぱる?んな事知らねぇよ!(シブヤ)

 *しかし、シブヤ姐さんはなぜここまで、あっちゃんに執着するんでしょうか?やっぱサドに言われた一言が原因?うーん、なんか弱いなぁ

・私はおたべたちと一緒に戦う(センター)/ダチに呼ばれたら行くしかねぇだろ(センター)

 *親のせいで人間不信になった者同士。そこからポジティブに生きようとするセンターとネガティブに進むネズミ。人を信じられない寂しさを知っているセンターは、きっとネズミにもポジティブに生きてほしい、と思っているんじゃないでしょうか?

・わかってた。最後はお前も共に戦ってくれるって(センター)

 *この「最後」ってのは、伏線と考えていいのかな?

おたべはん

・なんか言わなあかんと思ってきたけど、忘れてしもうた。アホやなぁ(おたべ)

 *ネズミに裏切られたセンターを励ましにきたけど、センターは思ったより強かった、その必要もなかったってトコですかねぇ?センターがネズミを信じてるように、おたべも、また、センターのヤンキーソウルを信じてるって事でしょうね。

・シブヤさんにはこの色が一番似合うと思うんで(ダンス)

 *思わず、笑かしかとスルーしそうになっちゃいますが、実は今回の「たった一人のマブダチ」のもう一組。ダンスだけはきっと最後までシブヤについていくんでしょう。最後、あっちゃんに負けてボロボロになったシブヤをダンスが支えてるシーンがなんか浮かんできます。「また二人で頑張りましょうよ」とか言って。


●今回の笑かし


・安っぽい学園ドラマだなっ!(まりやぎ)・・・え?ちゃうんすかww

・フォンデュ集合?・・いや、意味ねぇ(寒ブリ)・・・それいっちゃおしまいっす(笑

すーちゃんすーちゃん

ぶふぅ~・・・(鳴らない)・・?(3色)

すーちゃん可愛いなー。

・お前らSEXの話でもしてろ!(仲俣)・・・こら、1のあっちゃんの「ウンコ」級だ。ステ高は硬派な集団かと思ってたのにぃ(大笑

・ばうわう!(ダンス)・・・シブヤ姐さんの「欧米か!」と、どっちにしようか迷ったけど、「くーみんが!英語のボケ!?」つー事でこっち採用w


P.S.

あーみん

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。

あーみん好きなら出っ歯も可愛い♪

ん?閃く寒ブリさんお手柄寒ブリさん

寒ブリさん乙←バトってないけどお手柄ww



P.S.2

しかし、なかまったーは大役だし、まりやぎ、みうみうも結構、いい役もらってる。あとフォンデュでしょ・・・?


あ、なーるほど、なるほど。つまりチーム4ンデュって事ね。納得納得(有吉風)


てか、、、、なんちゃんだけが、いないのは・・・やっぱつらい・・・



Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【AKB48総選挙】結果発表! 




あっちゃん、1位返り咲きおめ!


なんちゃん、ゆりあぴーす(・∀・>)は残念でしたが・・・

でも、咲子さん、あーみん、そろってアンダー入りしてくれたし。

ゆっぱいも前回に引き続きの選抜入りは、うれしいっす!


それにしても、メディアの力とユニットの力ってのは、やっぱでかいなぁ。


1位~40位までの順位表は→に貼っつけときましたので、ご参照ください。


P.S.

「あかりんへ贈る歌」がやっと届きました。

これから擦り切れるほど、聴きますwww

その前に共和国見なきゃ


Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【マジすか学園2】第一回チームホルモンvsチームフォンデュ 親睦会(校長公認) 




首里城!

てか、武道館すげー事になってますね。



てか、こんな茶番で尺とってたら、尺さんに怒られますよっww

つーわけで、センターさんに言われたとおり、おとなしく鍋をつつくホルモンフォンデュ2チームのご会食。

フォンデュホルモンチームフォンデュホルモン

ヲタ border=

ヲタ「てかさ、チームホルモンとチームフォンデュの親睦会って・・意味わかんねぇし」

どっち

ツリ

ツリ「てか、ウチらお互い、ケンカでは芯を食ってないじゃないっすか」

ウナギ

ウナギ「てか、なんで 二年のお前らと俺たちが、同じケンカが弱いってカテゴリーに入るんだよっ」

レモン

レモン「てか、チームホルモンさん、強いんすか?」

アキチャ

アキチャ「周りが強すぎんだよ。ウチらだってローカル行きゃテッペン取ってっぞ」

年増

年増「てか、全敗じゃないですか、チームホルモンさん」

バンジー

バンジー「てか、てか、うるせんだよっ!」

フォンホルフォンホルフォンあん?ウナc顔こえー寒ブリさんニヤリウナレモンあんバンジーあはんムクチヲタバンジーヲタどっち不安げなどっちさんヲタヲタはるぅさん絆wどきどきヲタ

チーズつけて喰ったら美味かったヲタさん

ヲタ「てか うめぇじゃん!」


「ホルモンつけて喰ったらいけんじゃね?」


***


寒ブリ

寒ブリ「てか、ホルモンって死んだ牛の内臓っすよねぇ」

ヲタ

ヲタ「てか、生きてる牛の内臓、喰えねぇだろ。牛の生き造りがあるんか?」

ウナ

ウナギ「てか、おめーらもさ、なんでチーズフォンデュなんだよ?テレビのグルメ番組にしか登場しねぇだろ」

ムッとするどっちムッとするレモン

ムッとするどっちさんとフレモン

ツリ

ツリ「てか、ホルモンよりインパクトのあるもん、喰わなきゃいけねぇ・・て思って・・」

あき茶

アキチャ「てか、そこかよ」

ツリ

ツリ「てか、マジ女、今のままでいいんすか?」

バンジー

バンジー「てか、いいわけねぇだろ」

どっちレモン

バンジーさん

バンジー「ヤンキー高校が集団登校、集団下校してんのがバレたら、笑いモンだぞ」

寒ブリ

寒ブリ「てか、いつ矢場久根が襲ってくるかわかんないすから、しょうがないじゃないですか」

レモン

レモン「てか、上はなにやってんすかねぇ?」

あき茶

アキチャ「てか、おたべが今ひとつ、わかんねぇ奴だからな。テッペンがまとまらなきゃ、ウチらもまとまらねぇだろ」

ウナムクチ

どっち

どっち「でも・・」

こもりん

ムクチ「「てか」忘れた♪」

つっこむヲタさん

ヲタ「てか、ムクチ、そーゆーゲームじゃねぇから」

年増

どっち

どっち「センターがチョウコク倒したって・・」

年増さん

年増「てか、今のマジ女の戦力っていったら、センターしかいないじゃないですか・・」

あんぐりどっちさん

宣言ムクチ

ムクチ「てか、私、もう無口やめた。いっぱいしゃべって・・」

びっくりツリさん
おしゃべり

バンジーさん

バンジー「てか、癌はシブヤだな・・あいつのせいで、引っ掻き回されてる」

ムクれるムクチ

熱かったムクチさん

おしゃべり「あち!」


P.S.


結構チームフォンデュ、チームホルモンでの検索で来られる方が多いので、この際、ガッツリいっちゃいました。重くなっちゃってすいません。
(あ、でも誰がどんな検索ワードで、て事まではわかりませんので、ご安心を)


ちなみに、それぞれの名前(ニックネーム)の由来(予想含む)

<チーホル>

・ヲタ(指原莉乃)・・・いろいろなヲタクである事から。

・ウナギ(北原里英)・・・顔がウナギ犬に似ていると言われている事から。

・バンジー(仁藤萌乃)・・・バンジージャンプをものともしない根性の持ち主。週刊やネ申で見事なバンジージャンプを披露した事による。

・アキチャ(高城亜樹)・・・公式ニックネーム

・ムクチ(小森美果)・・・マジすか1の頃のこもりんは、どちらかといえば控えめでまだムクチなキャラだった。しかし徐々に、話すと面白い事が発覚。いまでは、結構な「オシャベリ」ww

<チーフォン>

・どっち(島田晴香)・・・名前の感じが「島崎遥香」と似ているため、よく間違われてました。研究生デビューの頃は、「え?島田晴香?島崎遥香?どっち?」とよく言われてましたね。ちなみに、みおりん(市川美織)は初め2人の名前を逆に覚えてたそうですww

・ツリ(山内鈴蘭)・・・モバメでヲタクを「釣る」のが上手い事から。

・寒ブリ(島崎遥香)・・・見た目はクール(寒)なぶりっ子という事かなぁ

・年増(大場美奈)・・・研究生最年長。見た目が老けてるってよく言われてますね。僕的には、大場さん>おおばさん>おばさん説を採りますが。

・レモン(市川美織)・・・キャッチフレーズの「フレッシュレモンになりたいの~」から

Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【マジすか学園2】#08 「それぞれの答え」(ネタバレ注意)~てかカオス突入 




なかまったーーーーーーーーー!!!

仲俣汐里ちゃん。チーム4でもがんばってね

てか、これは読めない。これは読めないww

てか、もう秋Pストーリーに詰まって、サプライズだけに走ったか!?

てか、「推され」という括りで考えてみりゃ、のんちゃんからの~なかまったー起用は十分ありえた・・か?


てか、読めるかっ!


てか、なかまったー、意外に上手い。このインテリヤクザっぷり、好きだZ!


(ホルモンフォンデュにならって、てかてかうるさくしてみました)

よーく見るとツリさんだけ笑ってるww

*今回長くなっちゃってチーホルまで手が回らなかったので、親睦会の模様はまた後ほど。


はい。今回もたいした進展もない上、新軍団登場で、あと4話。

おそらく多くの人が納得できるオチになる事は、ほぼ絶望的。←そこまでこっちの予想を裏切りたいんか?

あとは、このままPV状態を楽しむしかなくなるのか?マジすか?。。。


***


デカみなさん

しかし、おたべ、デカみなを見たのに、スルーって事は・・・


ヤギ女設定・・消されたか?んなわきゃないとは思いたいが、そうなら・・



つまんねーなー


***


●今回のストーリー

容態が急変し、ICUに再度運び込まれるゲキカラ――

おなじみネズセン

マジ女屋上では、ネズミが「火は点いた。あとはマジ女とヤバ女の潰し合いを高見の見物をしていよう」とセンターに提案していた。
だが、センターは、その意に反するように、ネズミを見据えながら言った。「戦いにはその先があると言った奴がいる」センターはゲキカラとの会話を思い出していた。「何を考えてる?」怪訝な表情を浮かべるネズミに「お前の事だよ・・私はお前が好きだ・・何があっても」と告げるセンター。絶句するネズミ。

桜ゲキカラさん

ゲキカラは薄ぼんやりとした光の中で目覚めた。そこは満開の桜が咲き誇るかつてのマジ女だった。散り行く桜の花びらに包まれながら、ゆっくりと回想しながら歩き出す。懐かしい校内。ゲキカラは光の階段を上っていく・・・。

天国への階段

一方、シブヤは捨照護路高校(以下ステ高)の旧友・仲俣に、戦争のための兵隊の調達を依頼すべく接触していた。しぶしぶながらも受諾する仲俣。「捨照護路高校の仲俣、ダチの頼みは断らねぇよ」

あんにんみうみう
ドン仲俣

ラッパ部室にやってきたセンター。「答えを見つけにきたんか?」とおたべが尋ねる。寂しい目をしているとおたべ。「何がわかる!?」―「お前の弱さ・・」殴りかかるセンター。いなすおたべ。
おたべは続ける。「お前の目に寂しさはあるけど・・・悲しみがない。前田の目には、それがあるんや」
そして、過去の自分と同じあんたの気持ちはよくわかると告げ、「今のマジ女には、アンタが必要や。一緒に戦ってくれるか?」とセンターに歩み寄る。「マジ女のために」――前に一歩踏み出るセンター。そのやりとりをネズミが陰から見ていた。「ちょっと嫉妬しちゃうよ、センター」

ちょっと嫉妬しちゃうネズミさん
え?ちょまじまじまじ?と実は超揺れてるじゅりさん
「さっさとこっち来いや」と思ってるおたべはん
でも、京ことばとかわかんないし・・

時同じくして、夢想の中、ゲキカラはかつてのラッパ部室にいた。壁の優子の写真をじっと見つめる。「お前らしくないぞ。ゲキカラ」――懐かしい声だった。振り返ると、そこにいたのは死んだはずの優子だった。
「優子さん・・」思わず駆け寄り、優子に抱きつくゲキカラ。
「久しぶりだな」変わらぬ笑顔でゲキカラを迎える優子。ずっと探していたと泣き崩れるゲキカラ。だが優子はそんなゲキカラを立たせ、厳しい表情で叱る。「ゲキカラ、おめぇこんなところにいる場合じゃねぇだろ?矢場久根と全面戦争になんぞ・・」ゲキカラは「行かない・・ここにいる」とすねる。「百万年早ぇよ」と優子。そして静かに言葉を続けた。「ここは選ばれた人間が来るところだ。お前はあっちに戻れ」「優子さんは?」とゲキカラ。「あたしはあっちへは行けない・・こっちでテッペンとるさ」――「また・・会えますか?」
少しの沈黙のあと、優子は言った。「最後は誰でもここに来る・・さぁもう行け!矢場久根なんかに負けたら、しょうちしねぇかんな」そういうと優子は最後の拳をゲキカラの胸に打ち込んだ。
――瞬間、現実世界のゲキカラの体が跳ね上がる。

桜の花びら舞い散る中、現世に戻るゲキカラ。優子から渡された「ヤンキーソウル」を胸に。

ゆっくりと、仲間たちの顔が視界に入ってくる。歌舞伎、尺、学ラン、トリゴヤ、サド・・

ハッとするゲキカラさん
おっは~
会いたかった×3、YES君に~
探してたゲキカラさん
ういやつじゃ
おめぇこんなところにいる場合じゃねぇだろ?
矢場久根と全面戦争になんぞ
ゆこさん
百万年早ぇよ
ゆこさん
また会えますか?
足が痛いから無理~
まっちょまっちょままままっちょ
ゲキカラ!!


「優子さんに会った・・・」とゲキカラは夢で見た優子との様子を語り始めた。静かに聴き入る仲間たち。「会いたいな・・優子さんに」サドがつぶやく。

優子さんに会った・・・
トリゴヤさんとサドさん

「矢場久根に負けられないと思った・・優子さんに心配かけるから」とゲキカラ。「あたしもがんばってるよ」とサド。
「優子さん、見てるもんね」ゲキカラは、見えない空を見上げた。

まんまるゲキカラさん

そのころマジ女では、警察が校長室に入るところを、偶然、おたべが目撃する。連続暴行事件の現場に落ちていた校章を担当刑事に見せられ、驚く校長。風雲急を告げる展開を悟るおたべ。

デカみなさんinマジ女

かたや、センターはネズミとおたべの狭間で揺れていた。そんな時、携帯電話の着信音が鳴る。「ごめん・・センター・・罠にはめられちゃって・・」ネズミからだった。
だが、これはネズミの策略だった。ネズミはラッパに傾きつつあるセンターを罠にかけようとしていたのだ。
「ネズミ!」思わず駆け出すセンター。

「センター、私を助けておくれ・・・それが、ダチだろ?」


たった一人自分を信用している友さえも陥れてまで、ネズミが望むものとは、一体?


あっかんべー橋~



***


●今回のキーワード

・私はお前が好きだ・・何があっても(センター)

 *もしかしてセンターは実はネズミの企みを全てわかってるんじゃないか?そしてネズミもそれを薄々感じてるんじゃないだろうか?
なんか、ただバカ正直にネズミを信じてるのではなく、もっと根本的に何か信じるに値する理由があって、悪さやずるさ、弱さや脆さ、ひっくるめて信じてるんじゃないか?

という気にさせられました。

センター、ただのアホな一本気野郎にゃ見えないしね。(が、腐女子が好きそうな、こういう百合的展開、そろそろちょい食傷気味・・)

・本当に強い奴はな、本当の恐怖を知っとんねん(おたべ)

 *前回も出てきたこのセリフ。う~ん、まだ抽象的過ぎてわかりませんね。てか明かされるのか?

・マジに生きるのって・・辛いなぁ(前田)

 *正直、今回の「マジ」難しすぎ。前回みたいにわかりやすくしてほしいなぁ。


●今回の笑かし(肩透かし)

親睦会

第一回チームホルモンvsチームフォンデュ 親睦会

一緒に鍋つつくどころか、予想以上の茶番、たまらんのうww


●今回の感動ワード

・あたしはずっとここにいる(優子)

 *ここというのは、あの世の事ではなく、「ここ」すなわち「ラッパ部室」。つまり優子の魂は、いつもマジ女と共にあるっていうこの一言。グッときました。

「ここ」はゲキカラさんの夢の中。という事は、ゲキカラさんがあっちこっち探していたというのは、自分でもがいて答えを模索していたという事。優子とはゲキカラさんの求める答えの具現化、つまり、戦う意義。いつでもブレない優子を思い出す事で、ゲキカラさんも答えを出せたって事だと思います。

P.S.


ステ高のみなさん

てか、学ランにミニスカってももクロちゃんじゃん!


秋Pもやられたか^^そうか、そうか、うん、うん、わかる、わかる

ももクリちゃん


こうなったら、ついでにももクロちゃんにも、出てもらっちゃえば?

最強戦士は抜けちゃったけどwww






Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【AKB48総選挙】松井さきっちょさん 




忘れちゃいけない、第三の松井、


松井咲子さん


松井咲子さん


所属事務所 サムデイ
年齢 20歳
ニックネーム さきっぺ(←あまり使ってる人いません)
生年月日 1990年12月10日
出身地 埼玉県
血液型 O型
身長、体重 167.5cm
スリーサイズ B80 W62 H86
合格期 7期生
所属 研究生→チームK
選抜回数 1回
第1回総選挙 圏外
第2回総選挙 圏外
じゃんけん選抜 14位


例の騒動(彼氏)のせいか、意外に順位が低いのですが、まぁそんなのあまり気にしない僕には、関係ないのでご紹介します。

AKB48では唯一の音大生でありながら、去年やっとチームKに昇格、じゃんけん選抜で初めて選抜入りを果たしました。

彼女「絶対音感」を持っているんです。中学から二十何年音楽をやってるのに、結局、身につかなかった僕からしたら、絶対音感を持ってる人はもう憧れなんです。

しかも、お嬢様オーラを持ってるというwwwの割りに結構おしゃべりです(笑

今年の5/9から待望のブログスタート。本日現在、毎日更新記録継続中。しかも、きっちり書いてます。見習わなきゃw(ぬ~べ~(懐かしっ!)ではいずな推しでバトロワでは川田推しとか。←おお趣味いっしょ!)


ポニシュのピアノ、素敵でした。これからも、もっとさきっちょのピアノ聴きたいz!


●エケペディア

松井咲子


●公式ブログ

さきっciao


●政見放送




P.S.


あーみんと咲子さん

あーみんと咲子さん

Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

【AKB48総選挙】増田ゆったん 




速報では19位と去年よりも多少、上ながら、アンダーとの境目ギリな、ゆったんこと

増田有華ちゃん


増田有華c


所属事務所 office48
年齢 19歳
ニックネーム ゆか ゆったん ゆっぱい
生年月日 1991年8月3日
出身地 大阪府
血液型 B型
身長、体重 162cm
スリーサイズ B84 W63 H88
合格期 2期生
所属 チームK→チームB
選抜回数 4回
第1回総選挙 25位
第2回総選挙 25位
じゃんけん選抜 1回戦敗退


カチューシャで久々の選抜入りやDiVAの活躍などで最近、「やっと」日の目を浴びるようになってきました。
おめでとうという気持ちと同時に、ほっとしている気持ちもあります。途中干されまくっていて、辞めちゃうんじゃないかと何回も思ってましたから。正直、彼女が辞めてたら、僕もAKBのファンは辞めていたかもしれません。
彼女の歌唱力は文句無くAKBではNO.1だと思います。それを蔑ろにするようなグループは応援できないと思ったからです。

今でも「MARIA」を聴くと、彼女見たさに、たまらずK3rdにいってしまった事を思い出します。

もし見事選抜入りできたら、もうちょっと彼女について書きたいと思います。


●エケペディア

増田有華


●公式ブログ

1LDK6人暮らしのブログ


●twitter

増田有華公式アカウント


●政見放送



Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

ももクロZ「Z伝説~終わりなき革命~」Music Video予告編 




なんじゃこりゃ?wwwwww




●ももいろクローバーZ「Z伝説~終わりなき革命~」Music Video予告編



メットでかすぎwww

Category: ももクロ

tb 0 : cm 0   

【AKB48総選挙】木崎ゆりあぴーす(・∀・>) 




開票までついに一週間を切ってしまいましたが、皆さんは誰に投票されましたか?

ん?まだ投票してない?

そんなあなた!

今日からしばらくの間、僕が選抜入りしてもらいたいメンを強引に紹介させてもらっちゃいまっくす。(いやだといっても)


すいません。僕は今回、先の記事でも書いたとおり、なんちゃん(森杏奈c)に全部入れてしまったので、もし決まってるメンがいなければ、ぜひご協力していただけたらうれしいな~とか思いまして。


*尚、CSファミ劇で、以下の時間に今回の総選挙の政見放送が一挙放送されます。

2011年06月04日(土) 14:30 - 17:30

2011年06月08日(水) 22:00 - 25:00


***


さーてさて、まず初めは、avexへの移籍が決まり、ますます躍進しそうなSKEから


木崎ゆりあちゃん


木崎ゆりあc


所属事務所 ピタゴラス・プロモーション
年齢 15歳
ニックネーム ゆりあ、ゆりあぴーす、ゆりまる
生年月日 1996年2月11日
出身地 愛知県
血液型 O型
身長、体重 154cm
スリーサイズ B76 W61 H84
合格期 3期生
所属 チームS
選抜回数 3回
第1回総選挙 不参加
第2回総選挙 圏外
第3回総選挙


今まで、推しといいながら、なぜか記事にするタイミングをイマイチ掴めず、ウチでは初登場になる、ゆりあぴーす。

にも拘らず、今回も駆け足での紹介なので、ゆりまるcには、ホント申し訳ないです。これを機に、これからは、ちょいちょい書いていきますので、今回はお許しを。

3月に目の手術を行い、無事成功。実は結構頑固なまんまる顔の元気娘。速報では31位でしたが、まだまだ上がって欲しいところです。
*尚、「崎」の字は正確にはこの字ではないんですが、正しい方の字は機種依存文字のため、文字化けを起こす場合があるので、便宜上、この「崎」を使用しています。


●エケペディア

木崎ゆりあ


●公式ブログ

http://www.ske48.co.jp/blog/?writer=kizaki_yuria


●政見放送





P.S.


秦さん(秦佐和子・SKE)の事も書こうかと思ったんですが、週刊で特集組まれていたり、すでに結構強力な波が来ているみたいなので、今回は控えときます。

●政見放送



Category: 48系グループ

tb 0 : cm 0   

ひめキュン2ndシングル「恋のプリズン」 




ここんとこマジすか2にかかりっきりで記事のエントリー忘れてました^^あはは

恋のプリズン、5・18リリースされました。

恋エネ(新)で、痛かったギターww(過去記事参照)が、今回はいい感じにぶっとくなって、カッチョよくなってます。

アイドル好きなロック野郎には、たまらない一品だと思います。(勉強したのかな?(笑)

↓ちょっとだけ(視聴程度)聴けるので、よろしければどーぞ。


●ひめキュンフルーツ缶「恋のプリズン発売イベント」




短くってすんません^^;A


その代わりといっちゃなんですが、

公式に解禁されました「恋エネ」のPV埋め込んどきます。

まゆりん推しが増えますように。←なぜか意外に推しが少ないのよwww何で?


●ひめキュンフルーツ缶「恋愛エネルギー保存の法則」PV




P.S.

つか、ここの運営も、いいかげん2chに左右されすぎwPVの話題が出たら、いきなりPV公開かい?久々HP見に行ってビックリしたわ!

もう、なんつーか・・・


とりあえず、


まゆりん、あーちゃん、応援してるZ!がんばれ!


といっておく

Category: ひめキュンフルーツ缶

tb 0 : cm 2   

5月31日の「かなことペヤ」 




えー、ここんとこ(ライブに行けないということもあったりで)おろそかになってしまってるももクロZちゃん(ちゃんとZつけたよ)ですが、かなこぉ↑↑の白ベストがあまりに可愛すぎたので、うpします。見てやってください^^

それにしてもHUBからケーブル引っこ抜いて放送できなかったって、どこまでアホなんだろ?この運営www←もうわらうしかない

しかし、かなこぉ↑↑、かわいいなー


うぃやぁぁー↑↑


●5月31日の「かなことペヤ」(UST)









Video streaming by Ustream

Category: ももクロ

tb 0 : cm 0