FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

B1ちゃんねる

♪トットロ~トット~ロ~SAY!ヲレモー!(≧Д≦)ノ

 

理紗c全日本おつ。順位は気にすんな! 




うーん、ここんとこ、ちょいちょい思うんだが、どーも理紗cに採点が厳しすぎる気がする。

まぁファンの欲目ってやつなのかもしれないが、例えば、今回のFS。

確かにSPで理紗cはあわや転倒なところがあって11位で1位だった佳菜子cには差をつけられた。

それによって総合で負けるのは仕方がない。

しかし今回のFSに限っていえば、完璧に滑りきった理紗cより、ジャンプで2度失敗し、ステップで足がもつれて転倒した佳菜子cの方が点がいいっていうのがどーにも納得できない。

SS TR PE CH INが佳菜子cより1点以上低く、TR(技のつなぎ)PE(演技力)は宮原知子cよりも低い。ぶっちゃけ素人目だが、彼女たちと理紗cとでここまで点に開きが出るほどの差は感じない、というより演技では理紗cの方が上のように見える部分もある。
だが、そういうジャッジが出されてしまったら覆す事はできない。それに所詮「素人目」だ。

ただ、いつも思うが、この素人が見てわからない採点ていうのは、本当にスポーツとしてどうかと思う。

野球にしろサッカーにしろどちらが勝ったかなんて誰が見たって一目瞭然。

フィギュアスケートは芸術点がからむから?

では例えば、審査員たちは何をもって、演技力や音楽の解釈を理紗cより佳菜子cの方が上と判断したのだろうか?

審査員の芸術センスってやつでしょ?つまり審査員の胸先三寸で決まると。

そんなの公正なジャッジって言えるのだろうか?

構成にしたって、こういう結果が出たってことは、そもそも構成自体が良くなかった、プログラムが失敗だったって事なんだよね?

理紗cはあんな素晴らしい演技ができているのに?



・・・



まぁこんな議論はきっと今まで腐るほどされてきたとは思いますので、この辺にしときますが、


↓はFS演技終了直後の理紗c


FSのりさりさ


「よっしゃ完璧っ!」て今にも言い出しそうな表情。

こんな理紗cの顔、今まで見たことありません。

よく回転不足や高さを指摘される理紗cですが、きっとそういうのもひっくるめて、自分の中で本当に満足できた滑りだったんでしょうね。




こういう時、僕たちはただ黙って応援するしかできないのが、本当につらい・・・。



P.S.



例えば、理紗cがフジに推されてる事による協会の戒めみたいなのがあったりするんだろうか?


スポンサーサイト

Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 0   

今、りさりさに何か起きてるのか? 




BSフジにて全日本Jr.フィギュア2011が放送されました。

結果は知っていたので、できれば問題のSPの方もキッチリ見たかったのですが・・・まぁしょうがないですね。


東日本Jr.優勝により、下馬評ではもちろん連覇濃厚だったりさりさ。

ところが、SPでは着氷の乱れや回転不足などで7位という予想外の順位。フリーでは2位と健闘するも、最終的に3位というなんとも疑問の残る結果に。。。

そして、その後のISUジュニアグランプリファイナルではSP5位( 51.53)FS6位(82.82)結果6位(134.35)と、これまた残念な成績でした。


2011東日本フィギュアスケートジュニア選手権大会では、

1.153.37 (1.52.66 / 1.100.71) 庄司 理紗 (西武東伏見FSC)
2.138.53 (2.45.84 / 2. 92.69) 鈴木 春奈 (新横浜プリンスFSC)
3.129.04 (6.43.66 / 3. 85.38) 河西 歩果 (甲府FSC)

と、相変わらず好調に見えたのですが、りさcどうしちゃったんでしょうか?

単に思い過ごしならいいんですが、いつも落ち着いてるりさcが2大会連続でこんなミスをするなんて、ちょっと気になります。


プログラムに問題があるのか?


もしくはリンク外でなにかあったとか?


でもインタビューを見る限り、そういうのは無さそうだったので、


やっぱり、同い年のトゥクタミcやソトニコワの活躍ぷりが気になってプレッシャーになってる・・とか?


うーん、素人にはよくわかりませんが、まぁ長い選手人生の中、そういう時期はきっとみんな通るんでしょうね。

でも、インタビューでフリー演技の自分の点数を聞かれて

理紗cやっぱ笑顔が最高!

「甘くつけてー、9・・0点?えへへへ高すぎですね」

と笑ったりさりさの笑顔を見たら、なんか余計な心配だったかな?て気がしなくもありません。

理紗cカワユス


フィギュアで何故、草原?ってツッコミは置いとくとして、今回のグリーンの衣装も可愛いです。


草原の理紗cもカワユス


P.S.


オカマのファッションチェックって必要なのか?


さすがフジだぜwww


Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 0   

カーニバル・オン・アイスにりさりさ登場! 




最後の最後に出演が決まったりさりさこと庄司理紗ちゃん。

演目は「ザ ハチャ チャチャ」(今季のSPプログラム。ハチャメチャではありませんw)

カーニバルオンアイスのりさりさ

成長期真っ盛りの理紗ちゃん。見るたびに大人っぽくなってますね。

スウィングジャズのテンポが速い曲って、すごくリズム取りにくいだろうと思います。

にもかかわらず果敢に難曲に挑戦する理紗ちゃん。この努力、本当にいつか絶対に報われてほしいです。

でも外人さんは、りさりさみたいな、しなやかな、繊細な滑りより、ソトニコワやトゥクタミちゃんみたいなダイナミックな滑りの方が好きそうだからなー。

あ、でもJGPオーストラリア大会は2位だったから、そうでもないのかな?


来週はJGPエストニア大会に出場する理紗ちゃん。


がんばれりさりさ!いけいけりさりさ!


Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 0   

「ドリーム・オン・アイス」の新・庄司理紗ちゃん 




いよいよ2011シーズンのスタート。

つか、超久しぶりのりさりさちゃん。

新しいプログラムのお披露目との事でかなりwktkでしたが、さすが理紗ちゃんバッチリ期待に答えてくれました!

曲は「塔の上のラプンツェル」

お姫様をイメージして作られたというピンクの衣装をまとっての登場。これがまた、よく似合ってて、等身大の今の理紗ちゃんにイメージぴったり。
選曲にしても、衣装にしても、すごく理紗ちゃんのために考えられて、選ばれてるんだなぁとつくづく思いました。

演技は、といえば、まぁ相変わらず、技術的な事はわかりませんがwww、なんか今までより、もっとしなやかさっていうか軽さとかリズムに磨きがかかった、ていうのかな?あのトンって、氷を蹴るステップも健在だし、流れが一つの作品としてすごくまとまってる。
なんか、妖精っていうよりは、ピンクの蝶が、氷の上をひらひら舞っている感じ。

僕は↓の演技の時の顔がすごい気に入りました。

ラプンツェルな庄司理紗ちゃん


で、最後はビールマン・スピンでフィニッシュ。

相変わらず、釘付けになってしまった3分間。さらに惚れ直しました。


今シーズンも大活躍してくれそうな予感。


がんばれ、りさりさ。行け行け、りさりさ。


P.S.

プリンスアイスワールド行きたかったなぁ。いやマジで行きたかった。。。


P.S.2

歯の矯正終わったんだね。ますます美人さんになった*^^*


Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 2   

祝!世界Jr5位「報道ステーション」で理紗ちゃん特集 




世界ジュニアの理紗ちゃんに関して「あそこの回転はあーだった」とか
「ここはこうした方がいい」などの、指摘や議論があちこちでされてますが、
僕は選手でも、コーチでも、評論家でもないので、
フィギュアの技術や演技の事をチクチク書く気はありません。
(ま、そういうブログでもないですし)
だからそういう記事を読みたい方には、何の参考にもなりません、うちは。

そーゆーのは、そういうのが得意な方におまかせします。

僕は、あくまで、純粋に一ファンとして、

理紗ちゃんの応援をしていくつもりです。

よろしい?(はいはいニワカでもなんでもいいです)


というわけで、今日(あ、昨日か)の報道ステーションの理紗ちゃんを見て、

さらに惚れ直しました。

ゆっても変な意味じゃないので勘違いしないように(笑


もともと、点数命でゴリゴリ滑るタイプより、なめらか、というか、
優雅に演技をする選手が好きなので、さらに技術や表現力を兼ね備えた、
理紗ちゃんの演技には、一発で一目惚れだったんですが、
くわえて、全日本で「シニア大会初出場」の上、「真央ちゃんの後」という情況の中で、
あの落ち着いた自分の滑りをやってのけた、まだ14歳のその精神力のすごさに、
いい年こいて圧倒されてしまったわけです。
あんな可愛い顔して・・・(あ関係ないね;^^)

それにしても、今回、改めて知りました。
想像してた以上に、厳しい理紗ちゃんの練習環境。

東京は競技人口の割りにリンクが少ないっていうのは、聞いてましたが・・・

世界大会選手が、ジャンプの練習もまともにできないなんて!

それでも、大会では結果をちゃんと残せる強さ。

理紗ちゃんは、色々な魅力や安定したジャンプ、演技力など、
たくさんの武器をもってますが、

最大の武器は、やっぱり、「強い精神力」なんだとつくづく思いました。


テレビを見る暇もないくらい、スケート漬けでも、

ニコニコしながら「楽しい」と、さらりと言ってのける理紗ちゃん。

きっと今年も、来年も、色々やってくれるでしょう!



P.S.

それにしても理紗ちゃんの口からAKB・・・

やっぱ普通の中学生の女の子なんだなぁと思いきや、

あのタンゴのキッとした表情が、嫌いなエビを睨みつけてた、って。


結構、不思議ちゃんかもしれません(笑


Category: 庄司理紗

tb 0 : cm 0